私は世界一周のルートをこう決めた。【後悔しないルートの決め方】

世界一周
スポンサーリンク

こんにちは。やっす(@yassu_blog)です!

この記事を読んでくれている方の多くは、世界一周のルートを決めかねている人なのではないでしょうか?
世界一周は人生で一度の大冒険(中には2度3度行っている人もいますが…)、あそこも行きたい!ここも行きたい!ってなってしまいますよね。

私も学生の時に1年間世界一周をしたのですが、ルートを決めるときはとても悩みました
そして結果的には他に誰も行かないようなルート選択になりましたが、とても良いルートだったと自負しています。

なので、今日は私がルートを決めた方法をご説明します。
ちなみに、私が世界一周をした時の条件は

・休学したため、期間は最長1年
・予算は150万円

でしたので、近い条件の方が特に参考になるのではないでしょうか。

世界一周ルートの決め方

f:id:yassu_blog:20190519233139j:plain

私の世界一周のルートの決め方はを以下のような形でした。

予算や期間に制限があったため、あとから「あそこも行きたかった…!」とならないために出発前にしっかりルートを検討しましたが、それらの制限がない人はここまでしっかり予定を練る必要はないと思います。

1.行きたい場所をすべてピックアップ
2.治安が悪い場所を除外
3.社会人になってから行ける場所を除外
4.優先度を決め、大まかなルート・期間決定
5.予算をもとに生活費や飛行機代を概算
6.最終決定!

では、1つずつ順に説明していきます。

1.行きたい場所をすべてピックアップ

f:id:yassu_blog:20190519225024j:plain

ルート決定するうえで一番楽しい作業ですねー!
これがやりたいがために、世界一周するまでありますが、片っ端から行きたい場所をピックアップして、地図の上に書いていきました。
自分の知らない場所ももらさないように、ネットで「海外 絶景」とかで調べまくって、とりあえずちょっとでも行きたい!ってなったら書きました。

その時お世話になったのがこちらの本

テーマごとに世界中のおススメの絶景が書いてます。
この本を買った時は世界一周へ行くなんて考えてもいなかったのですが、書いてあった世界一周体験記を読んで、いてもたってもいられなくなったのを覚えています。

2.治安が悪い場所を除外

行きたい場所が出そろったら、今度は行けない場所を除外していきます。
治安が悪いところを除外するのですが、この「治安が悪いところ」は実際にスリや強盗が多く起こっているというよりは、日本のニュースで取り上げられるようなテロなどが起こっているところを除外しました。

なぜなら、そのような国に行くことは日本にいる両親や友人に心配をかけると思ったためです。
周りの人たちは思っているより、皆さんのことを心配していますので、できるだけ心配をかけないルート選びが大事だと思っています。(どこに行っても心配はされますが)
またスリや強盗はどこの国へ行ってもある程度のリスクはあるし、ある程度は自分が気を付けることで防ぐことができるということもあります。

私が世界一周をしていた2015年から16年はイスラム国などにより、中東情勢が良くなかったため、中東は行かないこととしました。
エジプトのダハブなどは世界一周旅行者に人気のスポットで、実際治安もよかったみたいですが、行かなかったことで余計な心配をかけずに済んだのかなとは思っています。

以下の記事で私の旅の危険に対する考えを述べています。

3.社会人になってから行ける場所を除外

f:id:yassu_blog:20190519225223j:plain

私のように学生で世界一周に出る人の多くは、
「社会人になったら旅ができないから、時間のある学生のうちに行こう!」
と考えているのではないでしょうか?

そうであるなら、社会人になってからでも行けるとこに行くのはもったいないです。

具体的には東南アジア、東アジアやヨーロッパ主要国、ニューヨークやロサンゼルスなんかは時間のない社会人でも十分行けるかと思います。

実際、私も社会人になってから、スリランカやラオスを訪れています。
なんとなく、東南アジアからスタートっていうのはやめましょう。

詳しくはこの記事に書いてます。

ちなみに、これらの国の中でも、時間をかけてゆっくり回りたいという国がある場合は、その限りではありません。
私はスペインではスペイン語を使ってみたかったのと、行きたい場所がたくさんあったので、ポルトガルと合わせて3週間ほど回っています。

4.優先度を決め、大まかなルート決定

f:id:yassu_blog:20190519225321j:plain

ここまでくるとある程度行き先が絞られてきます。
私の場合は中央アジアと東ヨーロッパ、スペイン・ポルトガル・モロッコ、東アフリカ、南米、中米あたりが残りました。
頑張れば1年間で全部回れないこともないですが、あまり焦って旅をしたくなかったのと、移動が増えるとお金もかかるので、予算的に厳しいと考え、優先順位をつけて行き先を絞りました。
その時に重要なのが季節シーズンものです。

まず、季節については夏を追いかけるのがベターです。
5月から10月ごろは北半球にいて、11月から4月ごろは南半球にいるといった形です。
また、シーズンものについては、例えばウユニ塩湖の鏡張りは3月ですし、スペインのトマト祭りは8月といったものです。
絶対にこの時期にここにいたい!というのが決まってくるとおのずとその他のルートも決まってきます。

5.予算をもとに生活費や飛行機代を概算

f:id:yassu_blog:20190519225507j:plain

さて、ここまでくると、あとは実際に予算と突き合わせてルートを決定します。
世界一周航空券をつかうかなどはこのタイミングに決めるのがいいと思います。
先に世界一周航空券を使う!と決めてしまうとどうしてもそちらが制約となってしまうので。

私は、乗りそうな飛行機の値段を片っ端から調べて、予算内に収まりそうか紙にまとめていました。
その紙がまだ残っていました。

f:id:yassu_blog:20190519234719j:plain

ちなみに150万円の予算の内訳は、
(生活費)1日3000円×300日=90万円(航空券代)40万円(ツアー代その他)20万円
で考えていました。

正直、どうせ計算通りにはいかないのでここまで細かくやる必要はないと思いますが、私はこういうのが好きなので…笑
結局、世界一周航空券を使わなくても同等の値段で回れるという計算になったので、行きの航空券だけを取りました。

初めは日本からトルコに行って、その後東欧⇒スペイン…と行こうと思っていたのですが、トルコ行きの飛行機よりも安いスペイン行きの飛行機が見つかったため、私の世界一周の一か国目はスペインでした。

6.最終決定!

さて、かなり長い時間をかけて、ついにルートが決まりました。
実際の話、旅先で出会った人たちに聞いたおすすめの国へ行ったりして、ルートは変えているのですが、「この時期には必ずここにいたい!」というのがある人は、ある程度あらかじめルートを考えておくと効率よく回れると思います。

最終的な世界一周ルート

ではついに私の、おそらく誰も同じルートを通った人はいないであろう世界一周ルートを発表します。

f:id:yassu_blog:20190519231852p:plain
2015
08 日本⇒スペイン⇒
09 モロッコ⇒ポルトガル⇒スペイン⇒
10 トルコ⇒ジョージア⇒
11 アルメニア⇒アゼルバイジャン⇒ジョージア⇒エチオピア⇒
12 ケニア⇒ウガンダ⇒タンザニア⇒

2016
01 ザンビア⇒ジンバブエ⇒ボツワナ⇒ナミビア⇒南アフリカ⇒アルゼンチン⇒
02 ウルグアイ⇒アルゼンチン⇒チリ⇒
03 ボリビア⇒ペルー⇒
04 エクアドル⇒コロンビア⇒
05 コロンビア⇒メキシコ⇒日本

約10カ月25か国の旅でした。

旅の途中でルートが変わったところとしては、スペインの後、東欧に行こうとしていたのですが、出会った人から「ジョージアやアルメニアがいい!」というのを聞いて、トルコに直接入り、全く何も知らなかったジョージア・アルメニア・アゼルバイジャンへと行きました。
この3か国はとてもいい国で行って正解でした。

また、南米はブラジルに行くつもりだったのと、更にそのあと中米に行きたかったのですが、見事にそんなお金はなく 笑
早めに日本に帰ってきました。

アフリカ縦断・南米縦断の詳細について次の記事にまとめています!

https://www.yassublog.com/entry/AfricaVertical

https://www.yassublog.com/entry/southamericavertical

まとめ

さて、世界一周ルートの決め方はいかがだったでしょうか。
少しでもルート決めの参考になれば幸いです。

ただ、世界一周は誰に言われるでもなく、自分で決めるものだと思うので、みなさんも是非固定概念を取っ払って、一からどんな旅をするか決めてください。
我こそは変なルートで回った!という人がいれば教えてくれると嬉しいです。

ちなみに、世界一周したというと必ず聞かれるおすすめの国については以下の記事で紹介しています!

404 NOT FOUND | やっすぶろぐ
1日1つの小さな挑戦

https://www.yassublog.com/entry/ethiopia_charm

コメント

タイトルとURLをコピーしました